iPhone バッテリー 交換

iPhone バッテリー の劣化や膨張は、バッテリーを交換することでまた通常使用できるようになります。
作業時間は~20分程です。

iPhoneのバッテリーは400~500回ぐらい充電をすると劣化がわかり始めます。バッテリーによってはフロントパネルを押上げ膨張するものもあります。
バッテリーの持ちが悪くなり、やがて使用中50%以下になると急に電源が落ち再起動したりすることがあります。

通常はiPhone本体の劣化よりも早くバッテリーの劣化がやってくるでしょう。

iPhone バッテリー 交換

機種 バッテリー
iPhone 7 Plus -
iPhone 7 7,800円
iPhone 6s Plus 7,800円
iPhone 6s 6,800円
iPhone 6 Plus 6,800円
iPhone 6 5,800円
iPhone 5s/5c 4,900円

 

電池の持ちが悪い、本体が熱い

リチウムイオンバッテリーは膨張することがあります。本体が熱くなることがある、電源が落ちる事がある場合、一度iPhoneを横から見て確認することをオススメします。
画面が膨らんでいるのが確認できたら、バッテリーが膨張しています。
そのまま放置すると画面(液晶パネル)まで破損して交換しないと使えない状態にもなります。
膨張が発見できた場合は速やかに交換したほうが良いでしょう。