iPhone8 フロントパネル交換

コピー品を使用するなら、品質はもっと確かめるべき

今回のiPhone8のフロントパネルは割れての交換ではありません。

愛知県の方です。ガラスが割れたため、地元愛知の非正規修理チェーン店で交換されました。

割れが直ったのは良いのですが、色合いがどうも青っぽいのが気になり、使用しているうちに操作できないことはないが、スムーズに液晶タッチが出来ないと言った症状に悩まされ…。

一度直して壊れていないのにもかかわらず、何故色合いが青く、思い通りにタッチ操作できないのかお調べになったと思います。
ネットで調べるうちに当店のホームページを見つけられたのでしょう。

※交換後のパネルには作業保護フィルムがあるために気泡が写っています。白が青みがかっていたのが赤みを帯び本来の色になりました。

 

色合いが青っぽいのは我慢できたとしても(限度はありますが)、操作がスムーズではないというのはやはり使用していく上で気になってくると思います。しかしながらそこまで気になるということは、なかなかの品質の良くないコピー品でしょう。この修理店はチェーン店なのでどこの店舗に行ってもこの程度の品質のパネルを使用して修理されていると思います。

割れてもいないのに二度目の交換、当店に送ってから戻るまで三日間使用できないなど大変な思いをされたと思います。
あと当店の価格が高い(純正なのでスミマセン)

色合いも戻り、タッチ操作もスムーズになったというご連絡をいただきました。よかったです。

 

お客様は直して、ちゃんと使えない事があるとは思わずご依頼

お金をいただき、ただ見た目だけ直して、直してあげたというような感覚ではやりたくないですね。コピーならコピーで利幅を増やすのではなく料金を下げ、不具合の少ないコピー(あるのかどうか不明ですが)を使用し、ちゃんとコピーであると伝えることは必要だと思います。

 

補足

iPhone8からはパネルに調光機能のデータがありマザーボードと紐付けされています。コピーパネルに交換することでTrue Toneの機能は失われます。元々のパネルからデータを新しい純正パネルに機器を使って移す必要があります。

したがってこの調光機能を使えるようにするには、元々付いていた純正パネルと交換用純正パネル、データ移動の機器が必須となります。

Follow me!