iPhone8/8 Plus/Xの画面を非正規店で交換すると明るさ調整が不可能に

先日、非正規店で画面交換したiPhone8をiOS11.3にアップデートすると、タッチ操作を受け付けなくなる問題が報告されましたが、iPhone8/8 Plus/Xの画面交換で新たな問題が浮上しています。

米メディアEngadgetによると、iPhone8/8 Plus/Xの画面を非正規店で交換すると、明るさが自動的に調整できなくなるという問題が発生しています。交換する画面が純正の部品であっても、同様の問題が起きるようです。

この問題はアメリカだけでなくオーストラリアなどでも報告されています。また画面交換によるタッチ操作問題が起きているiOS11.3のみならず、iOS11.1、iOS11.2でも確認されています。ただしすべてのiPhoneではなく、iPhone8/8 Plus/Xに限定されているようです。

Engadgetによれば、一部の非正規修理店は、画面交換により明るさの自動調整ができなくなるのはバグではなく、Appleが修理全般を管理しようとしているからではないか、と考えています。

– iPhone Mania –

豪でアップルに約7億円の罰金判決。非正規修理で発生のiPhone「エラー53」問題で

↑このことについて関連を調べていたら今年春頃のiPhone8/Plusの純正パネル以外タッチ不能のことの他に環境光センサーも働かないというのがあったんですね。

一部の社外品液晶パネルで発生したらしいです。iOSアップデートでそれも起こらなくなったようですが・・・。

完全にAppleの仕掛けでしょう。

仕入れ業者に尋ねると、一部の粗悪パネルで起こる現象らしい。

Follow me!